読みたいことを書けばいいって…

覚えてます?

6回結婚した父を持つ田中さんが書いたこの本。(あれ?5回やった?7回やった?)

ふとこないだの朝、ほんとふと、思ったんです。

「読みたいことを書けばいい」

読みたいことを書くということは、

書く人は読む という前提があるということやんと。

本を読まない人は、書かない。

書く人は、読む。

単純なことのようで、奥が深い。

そのまんまやけど、ほんとにそーやなと。

本を読む人は、知識も増えるし想像力も高まる。

本を読まない人から、大人になって本を読む人になった私だからわかる。

読まなかったら書こうと思わない。

きっと書きたいことが出てこないから。

そもそも読む人は文章が好きなんだと思う。

好きだと読んでるだけではもの足りず、書きたくなるのではないか。

想像力が高まるから出したくなるのか。

だってこの本でも言ってるのだが

『自分が読みたいものを書けばいい』と。

自分が読む人でないとこれが成り立たない。

私の周りには書かない人は沢山いる。

読まない人も沢山いる。

読む人は、書く。

書く人は、読む。

面白い。

Follow me!