今から結婚する友へ⑥

以前と同じフィレンチェのドゥオーモの上から撮った写真を使ったんですが、

http://kobako.hatenablog.jp/entry/2017/05/22/221203からちょっとお借りしました。 この方のブログ読んでたらめっちゃイタリア行きたくなる〜♪

新婚の友達が明日から新婚旅行でイタリアに行くらしい♪

うらやましー!!また行きたいー!!

お腹いっぱい美味しいご飯食べたいー!!

そんな気持ちを込めてこの写真。
(使える写真がもう無いからともいう)

 

そろそろ結婚式がどんなに面白かったかを書いとこうかと思います。

ずっと読んでくださってる方はもうお気づきかと思いますが、

新郎が結婚式で酔いつぶれましてね。

そんな話はよくある話。

べろべろになった新郎は他にもいると思うんです。

私のお友達でも、ベロベロになって覚えてなかったとコメントで教えてくれたり。

こないだ書きましたが、お色直しでかなり酔ってるなとわかったんですが、本人が楽しいことはいいことだと思ったし、テンション高くて私も面白かったし、歩けてるし人に迷惑かけてないので、まあいっかと思ってました。

入場するドアの前で待ってる時に、なんか掛け声をかけだした新郎見てドアスタッフさんが私に一言。
「怒らないんですね」とw

新郎さんが酔っ払って新婦がキレて喧嘩になったり、お色直しの控え室から出たくないとなったりすることもあるらしく、現場の方から見るとそうなってもおかしくない状態だったようです。

いや、一緒に掛け声に合わせて声出ししてましたから、私www

後から聞くと、新郎さん、このあたりから記憶がなくなってたようです。

で、お色直しして、キャンドルサービスならぬバルーンサービス(各テーブルに設置してる風船を割ったら小さなハートの風船が飛んでいくやつ)やって、ケーキ入刀やって、歓談時間になるわけですよ。

で、お友達とかがお酒注ぎに来たり、一緒に写真撮ったりするじゃないですか。

ふと横見たら新郎がいないんです。

まぁいいやと気にしてなかったら、歓談時間がまあまあ長かった。

そしたら、男性スタッフさんが神妙な面持ちで私の横に来て言った言葉が

「新郎さん、かなり酔ってらっしゃってトイレから出てこれそうにないんですが…この後の手紙読むんですが…どうしましょうか…」

きっとね、ここで花嫁ブチギレ・・・を想像してたんだと思うんです、このスタッフさん。

ちょっと冷や汗出てそうな、おどおどしてましたもんね。

私は笑って

「いいですよー、1人で読みましょうか?」

って言ってました。

その後、何度か連れ戻しを試みてくれてたようなんですが無理そうだったんで

「もう、トイレにそのままにしといていいですよー。私1人でも大丈夫なんで」

って笑いながら言ってたんです。

まぁ、想定外でしたが内心「超ウケるー」って思ってましたから。

で、かなり時間おして新郎が戻って来たんですがフラッフラでwww

(義父さんと仲良しの友人Eさんがトイレで説教してどうにか連れ戻してくれたそうです)

で、手紙を読む時に新郎新婦って、椅子から立ち上がって読むじゃないですか。

立ってられる状態じゃなかったから、元旦那さんに座っといていいよと言ったんです。

なのに、座っといたほうがいいと言っても立つんです、フッラフラしながら。

スタッフさんが私の横に椅子を持ってきてくれても座らないんです。

もうね、コントの酔っ払いみたいで。

小学生みたいに気をつけして、棒が風に揺れてるみたいに揺れてるんですよ。

ニコニコ(いや、ニヤニヤか…)笑いながら。

そのまま倒れて逆に周りに迷惑かけるんじゃないかと気が気じゃない私。

私は座らせたいのに、友人Eさん(この人もかなり酔ってる)が、目の前にしゃがんで「こらー!○○!!ちゃんと立って聞かんかー!」って叫ぶわけですよ。

オマエ!余計なこと言うなー!!って

新郎じゃなくEさんにキレそうでしたもんね、私。

そんな状況で、手紙に集中できるはずもなく、コントのような酔っ払いを横目に見つつ読んだ手紙。

自分が書いてた内容も覚えてませんwww

で、なんとか手紙を読み終わり、最後に出口の扉のところで立って待つ両家の両親のところに花束を持って、会場の中を歩いて移動するわけです。

えぇ、フラッフラしながら歩くんですけどね、なんとか転けずに歩いてました。

両親がいるのは、高砂からまっすぐ進んで真ん中あたりで右に進んだ扉のところ

が、

ほぼ目も開けれてない状態で歩いてるから、ただまっすぐ歩いて誰もいない壁の方に行くのです。

会場から笑いが起きたのは今でも覚えてますwww

まぁそれも、私たちらしいなと思てたからよかったんでしょうね。

なんとか、花束を渡し、義父が挨拶の言葉を話、新郎も訳もわからないなりに考えてたであろう挨拶をちゃんと話し、無事に退場。

私が代わりにお礼の挨拶をしようかと思ってたくらいだけど、なんとか言ってくれたからよかったです( ̄∀ ̄)

なに言ったか全くもって覚えてませんけどね。

その後、外で参加者さんのお見送りをするわけですよ、親族並んで。プチギフトを一人一人に手渡したりしてね。

その時から・・・そのあとが・・・

 

続きはまた今度。

あと2回って言ってたけど、これ途中まで書いてたの忘れてた。

終わらない…まだ終わらない…。

このあと2回は続きますwww

 

こんなこともあるんだよーという思い出話です。

これよりはひどいことはそうそうないと思うのでねwww

結婚式って来ていただいた方に楽しんでいただいて、楽しく帰っていただくのが一番の目的だと思っていたので。

笑っててよかったー♪と思います。

花嫁がキレた結婚式は体験したことないけど、雰囲気を想像するだけでも怖いですよねー。

わたし、酔っ払いに慣れてて、心が広くてよかったーwww

大分県中津市で住宅ローン専門FPやってます。
仕事の傍、SNSを使って自分を発信することのアドバイスやってます。
好きなもの(愛犬、美味しい二文字の食べ物、お酒、おしゃべり、体を動かすこと、映画、読書などなど)を発信中。
初めて会う方にも「あ、見たことある!」とよく言われます♪

Follow me!