自分の邪魔をしているのはきっと自分

誰から聞くかで自分の行動が違う。

そんなことをここ数日考えてます。

自分が行動したということは、話を聞いた「その人」が自分にとって「影響力がある人」だってことだと思う。

「影響力がある人」は有名だからとかただ尊敬しているからだとかではない気がする。

だって有名な人から聞いても、尊敬している人から聞いても、心が動かないと行動しないし、脳ができるかもって思わないと行動しないと思うから。

その時に話を聞いた「内容」が、その時の自分に必要なことかどうかということも大きなきっかけになるかもしれない。

やってみよう、面白そう、私でもやれるかも、その本を読んでみよう…etc

今までの自分を振り返ってみると、そう思えないと行動してないかな。

もともと「自分で実験&検証」が好きなのかも。

「本当にそうなるのかやってみよう!」と思った時はやっている。

先日も、炭のサプリの蓋に、開封日を油性ペンで書いてて笑われた。

「1本を毎日飲んだら何日で使い切るのか?」「コスト的には1ヶ月いくらくらいなのか?」という疑問が湧いたので1本目から書き始めて、今回4本目も同じように書いてる。もう知りたかったことはだいたいわかったのにwww

「本当に出た結果と同じなのか?」と思うのでまだ続けているだけなんだけど、自分でも可笑しくなる。必要?その検証?と。

どんだけ尊敬する人がやった方がいいよと言われても、自分の興味にかすりもしなければ人はやらないんだと思う。

「今必要だと思ってない」からやらないんだと思う。

 

興味にかすってやり始めて感じたこと。

それまでは、「そんなの絶対無理!」って思ってた。

自分の生活とかを考えても無理だと思ってた。

無理だと決めつけてた と言った方が正しいと思う。

だって、やろうと思ったらやれてる自分がいるから。

「私はできない」という思い込みがこれほどまでに大きな影響を自分自身に与えていたとわかって驚愕している。

これって、「お金が貯めれない」「貯金できない」っていう人も同じだと思う。

その思い込みを外すことができたら、世の中の「貯金できない」と思っている人たちのほとんどが「貯金なんて簡単にできた」となると思う。

「食べることを我慢できない」と思っている私が、夕食断食5日目の夜に思うんだからこれは間違いないと思う。

「思考は現実化する」って本は出てるし、スピ系でもマーケティング系でも自己啓発系でもよく聞くけど、こんなに実感したのは始めて。

自分を動かすのも自分の思考。

自分の邪魔をするのも自分の思考。

それを変えるのはちょっとしたきっかけだったりする。

そのきっかけにおいて、「誰から聞くか」ってとても大事だなと感じながら夜は過ぎていく。

 

メモ)5日目なのにお腹がグゥーって言わない…。そろそろ言ってくれよ、私の胃腸。そろそろ掃除してくれよw

大分県中津市で住宅ローン専門FPやってます。
仕事の傍、SNSを使って自分を発信することのアドバイスやってます。
好きなもの(愛犬、美味しい二文字の食べ物、お酒、おしゃべり、体を動かすこと、映画、読書などなど)を発信中。
初めて会う方にも「あ、見たことある!」とよく言われます♪

Follow me!