一つのことに集中すること

久々に、映画館で映画を観ました。

観たのは『グレイテスト・ショーマン』

実話を元にしたお話。

ミュージカル映画ですが、昨年の『ラ・ラ・ランド』と同じように、そんなに違和感なく観れました。

で、映画の内容は書かないんですけどね。

 

映画を観る時って、携帯の電源切るかマナーモードで、観ている間は携帯なんていじりませんよね。

飲み物飲んだりポップコーン食べたりはするけど、視覚・聴覚と脳は映画に集中してる。

そんな風に一つのことに集中することって、日常生活であまりないなって思ったのです。

本を読んでても、ブログ書いてても、仕事中でも、

メールが来たり、話しかけられたり、別のこと思い出して同時に2つのことをやってたり。

なんだか、思考的に、全てが中途半端なのかなと思っちゃった。

もしかしたら、脳は一つのことに集中したほうが良い成果を出せたり、一つのことに集中した方が良い結果が出せるのではないだろうかと。

二つのことを同時進行できる ってことも、脳の活性化に良い気もするけど、それは現代ではほとんどの人が日常生活でやっている気がする。

本を読む時に10分とか決めた時間をタイマーかけて読んだりするけど、もっとそれ以外のことをシャットアウトして集中する環境を意識してみようかなって思った。

スマホがない時代は、きっともっと一つのことに集中する時間が多かったと思う。

どっちが良いとか悪いとかは、脳科学の専門でもないのでわかんないけど、

今の自分の生活を考えてみると、『一つのことに集中する時間』が極端に少ない気がするのでね。

 

よく母に注意されるし。

TV観ながら雑誌見てるとか、

ご飯食べながらTV見ながらスマホも触ってるとか。

 

大分県中津市で住宅ローン専門FPやってます。
仕事の傍、SNSを使って自分を発信することのアドバイスやってます。
好きなもの(愛犬、美味しい二文字の食べ物、お酒、おしゃべり、体を動かすこと、映画、読書などなど)を発信中。
初めて会う方にも「あ、見たことある!」とよく言われます♪

Follow me!