私たちは答えを「知っている」

どうして人は、自分の答えを外に求めるのだろう。

自分の中にあるのに。

どうして人は、自分の答えを人に聞こうとするのだろう。

自分の中にすでにあるのに。

どうして人は、自分の答えに自信が持てないのでろう。

自分は知っているのに。

 

私たちは、全ての答えをすでに知っていて。

それを忘れているだけ。

生まれた時に全て知っていたけど、

生まれた時に全て忘れているだけ。

忘れたことを生きている間に思い出しているだけ。

新しく覚えることは何もなく、

成長しているのは体だけで、

記憶も知識も新しく感じるけど思い出しているだけ。

知ってい“た”ことを思い出しているだけ。

思い出すことに自信が持てないから、

自分の外にその確信を求めてしまうんだと思う。

知っていることは、全部正解なのに。

間違っていることは何もなく、

「間違ってると思うこと」も正解で。

「正しいと思うこと」も正解で。

自分で選んで、自分で行動して、自分で納得できることが

正解。

誰かにアドバイスがもらいたい時は、

ただの確認作業がしたいだけ。

承認されて「これでいいんだ」って安心したいだけ。

それも正解。

でも、その答えはすでに知ってる。

確信があるはず、それは「違う」のか「正しい」のか。

「違う」と思っていても、「違う」方を自分で選んだなら

それは正解。

「正しい」と思っていても、「違った」結果になっても

それも正解。

全てが「思い出すため」に必要な過程で、

自分で探りながら確信を感じながら進めるコトは

結果がどうであれ正解。

大丈夫。

大丈夫。

正解だよ。

 

 

大分県中津市で住宅ローン専門FPやってます。
仕事の傍、SNSを使って自分を発信することのアドバイスやってます。
好きなもの(愛犬、美味しい二文字の食べ物、お酒、おしゃべり、体を動かすこと、映画、読書などなど)を発信中。
初めて会う方にも「あ、見たことある!」とよく言われます♪

Follow me!