情報を先に出しておくって大事だなと思ったこと

今日、お仕事関係の方とお話ししてたこと。

『顔を出すこと』の重要性と『心配になる現実のことを隠さない』こと。

顔を出すことは仕事をする上ではメリットしかないと思っていること

初めて会った時から「見たことある人」って思われることって、ゼロからのスタートよりも一歩も二歩もスタート地点が前だと思うから。

私もそうですが、初めていく場所で、初めて会う人って、緊張するしどんな人か警戒するし、相手の職業から自分で勝手にどんな人か想像してしまいます。

緊張されている時点で距離を縮めたいと思っている人にとってはハードルが一段上がってるし、緊張から警戒されてたらゼロどころかマイナスからのスタートになってしまうと思うんです。

挙げ句の果てに勝手な想像で悪い想像されてたら初対面の時に心なんて開いてくれないだろう…とも思ってます。

想像は相手の領域で、こっちでコントロールできないので、こっちが想像してほしい想像になるように意図してそんな情報を出さないとダメだなと私もまだまだ試行錯誤中です。

3点揃うと、ゼロではなくマイナス3くらいからのスタート。これはしんどいwww

仕事柄、安心感を持ってもらわなければリピートはないと思っているので、初対面の時の感じ良さはめっちゃ気を使ってます(←こんな風に書くとなんか腹黒いわー)

見たことある、友達の知り合いだ、という情報は無料のSNSを使えば、会わずとも相手に認知してもらえる。

だったら、やらない理由はないよねという単純そうでいろいろ考えてる理由があるのです。

だからと言って毎日出してもウザがられるので、いちお考えているつもりですが、きっと「いつも顔出てくる」とウザく思っている方も多々いるだろうとは思ってます。

まあでも、無理に変顔するでもなく(したい時にしてるだけ)、キャラ作ってる訳でもなく(発信と実物が同じと言われることは嬉しい)、自分が楽しいと思える範囲でやってます。

無理すると続かないし。

 

心配になる現実のことを隠さない

この話をしてる時に、熊本地震後に湯布院の温泉旅館さんのSNSの勉強会に行ったことを思い出しました。

「隠すからクレームになるんであって、先に出しとけばクレームにならない」ってことを実感したのもこの時だったかなー。

出来事や周りの環境、自分のことも、「クレームになりそう」と思うことは先に自分から出すこと(嘘をついてないという発信)が大事だなと思うのです。

大事なのは、『先に出す』ということかなと。

人の心理的に、先に出せば「知ってて来る人」だけど、出してなくて来てから知ると「知らずに来る」から「その情報教えてくれてなかった」になるんだと思うんですよね。

心配なことで、なおかつそれがどうしようもないことだったら、先に出す。

どうしようもないことには、すぐさま状況を変えることができないことだったり、性別だったり、年齢だったり、見た目だったり、隠してもすぐバレそうな頭の悪さだったり。

真理と言われることは、時が違っても、相手が変わっても、いろんな人に当てはまる大事なことなんだなと思った次第でございます。

 

「Aなんです」ではなく、

より伝えたければ「白くて大きなAなんです」か「黒めで小さいAなんです」という必要があるよねー。

まとめながら、頭の整理ができて、日々の自分の発信も反省できるブログってやっぱすげーや。

大分県中津市で住宅ローン専門FPやってます。
仕事の傍、SNSを使って自分を発信することのアドバイスやってます。
好きなもの(愛犬、美味しい二文字の食べ物、お酒、おしゃべり、体を動かすこと、映画、読書などなど)を発信中。
初めて会う方にも「あ、見たことある!」とよく言われます♪

Follow me!