芸術と才能と相違。

大分市美術館で開催中の『蜷川実花展』に行ってきました。

去年、大分であるってお知らせみて行こう!と思ってたのにすっかり忘れてました。

数日前にお友達がfacebookで行ってきたとアップしてたので気づかせていただきました。

やはり「あ!」と思った時にメモしとかなきゃダメですね。

ちょうど翌週に大分市でお友達とランチの約束が入ってたので、解散後ひとりで行ってきました。

私、この方の原色の世界が好きです。

自然界にはこんなに美しい色彩があるのかと、いつも感動します。

じわじわと元気が出るというか、テンション上がるというか。

でも、悲しいというか病んでるというか、時折胸がくぅーっとなる気持ちが現れたり。

作り物っぽく写るこの『世界観』に、この人は何を思いながらここにフォーカスしたのか、なぜこのアングルなのか、なぜこの切り取り方なのか、そんなことを考えながら見てました。

その答えは

全くわかりませんが……(笑)

それが才能ってやつなんでしょうね。

それがセンスってやつなんでしょうね。

人それぞれに才能があって。

人それぞれにセンスを持ち合わせてて。

それをどこにどういう形で出すのか出さないのか。

出して比べるから人との違いや、考え方や受け取り方の違いがよく分かる。

そんな感じの話をランチしながら話したような話してないような。

アウトプットの大切さと面白さを感じた一日でした。

手乗りゾウさん。

ちょっと失敗……。

休館日に気をつけてご来館下さいませー♪

Follow me!