今年13本目の映画鑑賞

今年に入ってトータル12本目と思ってたら、13本目の映画鑑賞。

数日前に、これ観てた。

 

本日も、アマゾンプライムで。

『湯を沸かすほどの熱い愛』

ウォッチリストに入れてたやつ。

ちょっと前に友達が観た!よかった!ってフェイスブックで書いてて、観よう観ようと思っててやっと観れた。

映画見るのも久々で。2ヶ月ぶり。6月は1本も観てなかった。

この映画の説明はこんな感じ

これだけ見て、

「よくある、死ぬまでにやっておきたい〇〇的な映画かな。とりあえず泣きたい時に観ようかな。」

って感じでウォッチリストに入れといたんだけど

全く予想と違ってた。

あの場面がここと繋がるのかー!って感じのところが数カ所あって。

そうくるのー?!ってところも数カ所あって。

予想通りだったのは、号泣したこと。

 

どうしてこの人はこんなに許せるんだろうって思いながら観てた。

感情移入に忙しい映画だったけど、オダギリジョーには一度も感情移入しなかった。

家族ってなんだろうって思いながら終わった。

 

突っ込みたい場面もいくつかあったし、最後は「それはダメでしょー!」って突っ込んだけど、

宮沢りえと杉咲花の演技力は、やっぱりすごいなと思う映画だった。

 

これはよかったわ−。

 

基本、邦画より洋画の方が好きだけど、

邦画の方が、自分の現実世界と同じ生活感のなかでストーリーが繰り広げられていくから

邦画よりも感情移入しやすかったりするんだろうな。

 

最後に発見したんだけど

大女優さんは、専属のヘアメイクさんがいるのは知ってるけど、

わざわざテロップに載せるんだー!!ってちょっと驚いた。

 

 

大分県中津市で住宅ローン専門FPやってます。
仕事の傍、SNSを使って自分を発信することのアドバイスやってます。
好きなもの(愛犬、美味しい二文字の食べ物、お酒、おしゃべり、体を動かすこと、映画、読書などなど)を発信中。
初めて会う方にも「あ、見たことある!」とよく言われます♪

Follow me!