いつも私はツイているという、つらつら日記

今日、植え替え用の鉢を買いにホームセンターに行った。

希望の大きさの鉢が手の届かない高さにあって

数メートル先に脚立があったので取りに行ったら

「従業員専用」と書いてあった。

小さく「スタッフに声をお掛けください」と書いてあったので一瞬迷ったけど

キョロキョロして、20メートルほど離れたところにいたおじちゃん(おじいちゃん?)スタッフさんに声をかけに行った。

ちょっと頼りなさそうに見えたけど、私より身長のあったそのスタッフさんは

脚立を使わずに、ちゃちゃっと私の指差す鉢を取ってくれた。

そして、私が「幸福の木を植え替えるんですが、土も欲しいんです」っていうと

スタスタと土コーナーに連れてってくれ、

そこに入れる石と、観葉植物用の土を選んでくれた。

特別感じがいいわけではなかったけど

さくさくと気持ちのいい仕事っぷりで、ついつい他にも質問して多肉植物用の土も買った。

一言二言でこちらの希望が伝わり、的を外さない仕事っぷりが大変気持ちがよかった。

たかが鉢取って土選んだだけでしょ?と思うかもしれないけど

たかがこれだけの仕事でも、お客を不快にさせる店員も多いんだよね。

この時点で「この人に声かけてよかった」と思っていた私。

レジをしている時に近くに小さな鉢植えの観葉植物がいくつか置いてあるコーナーがあった。

見ると「半額」の札が。

でも、どれも今にも枯れそうな薄黄緑色したものばかり。

感じのいいスタッフのおじさんに「これ半額でいくらなんですか?」って聞いたら

「735円ですねー」

今にも死にそうな感じからすると、ちょっと高いと感じてしまった。

「もう枯れそうですもんね…」と私がいうと

「入荷してずいぶん経つしね…。お水しかあげてないからね…。」と。

土じゃないハイドロなんとかってやつに植わってて、それ用の栄養剤があるんだそう。

「鉢が小さいから、根もパンパンだからね…」とおじさんが土の表面に出てきた根っこを指差して教えてくれた。

すぐ枯れそうだし…と買うのをやめて一度はその植物に背中を向けたけど

気になってなんだかかわいそうで。

次の瞬間「買います、これ!」と鉢を手にしてた。

こういう時の即決は相変わらず、すごい私。

レイとマハロを引き取った時と同じだwww

自宅にある大きなモンステラと同じ、モンステラだったからかもしれない。

モンステラの横には他の種類の観葉植物も、同じように今にも枯れそうな黄緑色していたのに。

小さな4枚の葉っぱのモンステラを連れて帰ることにした私。

「そしたら、キリよく500円にしてあげるよ」とおじさんが!!

「いいんですか?!」と聞くと

その売り場の主任さんだったらしく

「僕しか値段変更はできないんだけどね。他の人だったら割引できないんだけどね。」

って。(たぶん笑顔で言ってた)

「わー!!じゃあ、私、いい人に声かけたんですね♪」

と勝手に言葉が出てた。

 

この時のやりとりを自分で思い返しても、今日の私はめっちゃツイテた。

割引してもらえたのももちろんだけど

気持ちのいい仕事っぷりで気分良くさせてもらえて

かわいいモンステラにも出会えたし

きっとこのモンステラは元気に大きく育つから。

 

鉢植えを買うことになった、鉢植えが倒れて割れた出来事にも感謝。

割れたお陰でこうなったから♪

 

こうやって日々の生活の中で「ツイテルな〜♪」って思えることが起こることが、めっちゃツイテると思う。

私は小さい頃からツイテルんだよなー。

先日ボソッとそう呟いたら

母から

「うん、あんたはだいたいいつもツイテルよね」

とお墨付きをもらった。

この先もツイテルことしか起こる気がしない。

この自信はどこから来るんだろうか。

まぁ、どこから来ててもいいんだが。

2019年、どれだけツイテルことがやって来るか楽しみだ♪

 

Follow me!

大分県中津市で住宅ローン専門FPやってます。
仕事の傍、SNSを使って自分を発信することのアドバイスもやってたり。セラピストの経験を生かしてロミロミもやってたり。
好きなもの→愛犬、美味しい二文字の食べ物、お酒、おしゃべり、体を動かすこと、映画、読書などなど。
初めて会う方にも「あ、見たことある気がする!」とよく言われます♪